タグ:海外留学

先日は地震速報の誤報があり、びっくりしましたね!長年東京に住んでいると、地震自体には慣れますが夜中や早朝にあのアラームがなると毎回ドキドキしてしまいます。

日本と違いオーストラリアでは地震はほとんど地震はありません。だから家具の置き方にしても、「え!そんなとこに置いたら落ちるのでは?!」と思うような場所に綺麗なお皿を飾っていることもしばしばです。


そんな地震に慣れていないオージーが日本に旅行すると小さな地震でもとても怖いと感じてしまうようです。私の友人も日本人が気付かないような小さな地震でも飛び起きていました。

私の勤務校では、二年に一度、高学年の子どもたち(渡航費も高額なので、希望者のみ20人程度)を連れてJapan tourに行くのですが、とにかく子どもたちは地震が心配なようです。

そこで、もしも地震が起きた場合の(日本では当たり前の)行動の仕方をオーストラリアの子どもたちに教えることにしました。



▶︎もし地震が起きたら

①慌てない

まず一番大切なのはパニックにならないということ。海外の子どもたちは感情表現がとても豊かな子が多いです。パニックにもなりやすい。まずは慌てずに落ち着いて行動することを教えます。日本の建物はある程度の地震には耐えられること、(東京では)毎月避難訓練が義務付けられているのでみんな日頃から訓練されていることなどを伝え、安心させるようにしました。


②頭を守る

揺れている間は、とにかく動かずテーブルの下などで頭を守ります。揺れによっては、大人は出口を確保したり、火の元を確認したりとすることもありますが、子どもたちには揺れがおさまるまでは動かないように伝える方が安全です。また室内より屋外の方が安全なことを伝え、屋外でも落下物に巻き込まれないようしゃがんで頭を守るよう伝えました。


③避難

揺れがおさまってから避難しますが、これも大人たちが安全な場所を知っているので大人の指示に従うことも伝えました。津波のイメージがとても強いようでしたが、津波は震度によっては起こらないこと、地域によって安全な場所が防災マップなどで決められていることなどを伝え、本当に非難が必要な場合にのみ避難することを伝えました。

FullSizeRender



日本で初めて経験するかもしれない地震。子どもたちにとってはとても怖いですよね。地震大国の日本では、普段から地震に備えたいることをしっかりと伝え、いざというときの命の守り方を伝えることで子どもたちも少し安心したようでした。

日本でも、小さい子を「〜ちゃん」「〜くん」と呼んだり、友達同士や近しい人の間では、お互い愛称で呼んだりすることがありますよね。海外ではどうなんでしょう?今日は、オーストラリアでのあだ名について紹介したいと思います。


▶︎名前を短くする

これは日本でも定番ですよね。例えばショウイチをショウと呼んだり、カズユキをカズと呼んだりするパターンです。海外でも定番で、「あれ?それ本名じゃなかったの?!」というパターンは多々あります。

Benjamin→ベン

Samuel→サム

Matthew→マット

Jonathan→ジョン

Thomas→トム

William→ウィル

挙げていくだけで本当に無数にあります。映画やドラマでもショートネームの方がよく使われるので、日本人には聞き慣れているかもしれませんね。


▶︎語尾を伸ばしたり変えたりして呼ぶ

長年付き合っている友人の名前が実は愛称だったということがありました。(クレジットカードの名前を見せてもらって初めてきづきました!)愛称には海外の定番のとのもあれば、オーストラリア特有のものもあります。

Nicole→ニッキー

Darrin→ダズ

Jacob→ジェーキー

Corin→コージー

Natasha→タッシュ


語尾を伸ばすのは、海外というより、オージーに多い呼び方かもしれません。イギリス出身の友人は、「本当はジェーキーって呼び方嫌なんだけどね。」と言っていました(笑)


▶︎全く違う名前で呼ぶ

これは日本人の私としては、発音が難しかったりする時にとってもありがたい(笑)移民の多いオーストラリアでは、英語以外の語源をもつ名前も多いので発音が難しいこともあり、子どもの頃に呼ばれていた愛称を、友人にも呼ばせているケースも多いです。


Aurëlia→ヤヤ

Mairen→マイマイ

・ドラゴン、レインボー等

(中国人の友人は自分でEnglish nameをつけている人も多いです。「マンゴー」という名前にはびっくりしました!)



愛称も大事な名前です。勝手に呼ぶのではなく、「何て呼べばいい?」「私のことは◯◯って呼んでね!」と距離を縮められるといいですね。参考になれば嬉しいです。

普段何気なく使っているアイテムでも、海外で使っていて「何それ?!」と声をかけられることがあります。日本の文房具って、海外の人から見ると本当にすごいんです!今回は、海外で褒められたアイテムを紹介したいと思います。


①デコレーションテープ

IMG_6690

最近ではセリアやDAISOなど、100均でも売っていますね!修正テープのようにラインを引く感じで、ノートを可愛くデコレーションできます。オーストラリアでは見たこともないようで、使っていると必ず「使ってみたい!」と言われるアイテムです。小学生のお子さんにプレゼントするととっても喜ばれました。


②シール

シールはオーストラリアにももちろんありますが、日本のシールの種類の多さにはびっくりするようです。(しかも値段も安い!)海外で教員をしている友人が日本に来た時には、必ず大量買いしています(笑)

とくに寿司や忍者などのデザインは「日本っぽい!」ととても喜ばれます。


③芯なしステープラー

IMG_6692

商品名ですが、「ホッチキス」とも言いますね。ステープラーはもちろん海外にもあります。ですが芯がないのに留まるステープラーにはみんなびっくりします。環境に気を使っている人も多いので、芯が出ずゴミを出さない点も喜ばれます。

また文房具ではないのですが、ステープラーと形が似ている、「爪切り」もカバー付きのものは初めて見たようで褒められアイテムです。「え!ゴミが散らばらないなんてcool!」と欲しがられました(笑)


④フリクションシリーズ

IMG_6691

日本では定番ですね。初めて使ったときは私も「書いたものが消せるなんて便利!!」とびっくりしました。オーストラリアでも全く同じ反応です(笑)基本的に日本の文房具の精度はとっても高いので、普段普通に使っているペンやボールペン、筆ペンでも海外の友人に使わせると「何これ!高級品なの?!」とジャパニーズクオリティーに驚かれます。日本人としてはちょっと鼻が高いですね(笑)


⑤百均の文房具

メルボルンにもcityにはDAISOがあります。(Melbourne Central駅周辺と、Flinders street駅近くにあります。)売られている商品は日本とほぼ同じ。でも百円ではありません。大体価格は3倍くらいでしょうか。だからたまに買い物に行くのですが、日本人としてはちょっと損した気分になってしまいます。語学留学などでオーストラリアに行く際は事前に日本で買っておくことをおすすめします。シャーペンやノート、ファイル等の日用品は絶対日本で買う方がお買い得です。(使わなかったら、友達にプレゼントしても喜ばれますし!)


いかがでしたか?

日本の文房具は本当に高品質で安い!海外にいく度に実感します。海外の友人との話題作りにもいいかもしれませんね!参考になれば嬉しいです。

日本でもカッパや妖怪、座敷わらしなど実際に見た事はないけれど昔から信じられている存在ってありますよね。特にサンタクロースは、今や宗教に関係なく、世界の様々な地域の子どもたちが信じています。


オーストラリアでは、小学校の高学年くらいまでは信じている子も多く、例え気付いたとしても気付かないフリをします。(その方がプレゼントを二つもらえてラッキーですよね!)

実は海外には、サンタクロース以外にも子どもたちに信じられている存在がいるんです。今日はそんなユニークな文化を紹介したいと思います。



▶︎Sandman【サンドマン】

普段は目に見えない、夢を操る妖精です。魔法の砂を背負っていて、その砂が人間の目に入るとたちまち眠くなってしまうのだとか。怖いキャラクターではないのですが、ビジュアルを検索するとちょっと怖めのものが出てきます。


▶︎ tooth fairy【トゥースフェアリー】

IMG_6667

海外では、乳歯が抜けると枕元に置いて眠る習慣があります。サンタクロースと同じように、寝ている間にフェアリー達がやってきて抜けた歯をコインに変えてくれるんです。

サンタクロースと同じように、コインの額は家庭によって様々です(笑)

また海外では、抜けた歯を全部ケースに入れて取っておく家庭も意外と多く、専用のケースまであります。(自分の抜けた歯、個人的にはあまり取っておきたくないなぁ。)


▶︎Easter bunny【イースターバニー】

IMG_6668

イースターとは、キリストが復活したことを祝う祭りです。春分の日の後の最初の満月から数えて、一番最初の日曜日がイースターになるので毎年違う日がイースターになります。イースターバニーはイースターエッグを隠すと信じられています。オーストラリアではあまりありませんが、隠されたカラフルな卵を子どもたちが探すゲームも有名です。うさぎは1度に子どもをたくさん産むことから縁起がよかったようです。



この記事で紹介したキャラクターが登場するおすすめの映画があります。

Rise of the guardians

(ガーディアンズ 伝説の勇者たち)

IMG_6665

この物語に登場するサンタクロースは普通のサンタクロースとは一味違いますが、それもまた面白いです!物語の中にはサンタクロースをお手伝いする妖精や、ジャックフロスト(エルサと同じような能力を持った霜の妖精)、ブギーマン(子どもたちが恐れている存在)なども登場するので、楽しく海外の文化が学べるかもしれません。(オーストラリアの子どもたちも大好きな映画です!)参考になれば嬉しいです!

今回はコロナウイルスについての記事です。オーストラリアではかなり落ち着いている地区も多い中、メルボルンでは感染者が増えているようで、規制がまた厳しくなったそうです。(ビーチなどは使えないのだとか

そんな中、オーストラリアにいる友人が面白い動画を教えてくれたのでシェアしたいと思います。


オージースラング〜コロナ編〜

https://m.youtube.com/watch?v=jFbcAu1IGd4&feature=youtu.be


動画に出てきたオージースラングを確認してみましょう。

▶︎ISO【発:アイソ】

self isolation(自宅待機)の略。日本ではステイホームや家にいよう!のようなフレーズで呼びかけられていますね。


▶︎Sanny【発:サニー】

hand sanitizer (手指消毒剤)の略。日本ではアルコール消毒や消毒と言いますね。ちなみに似ている響きで、サングラスの事をオーストラリアではSunnies【発:サニーズ】と言います。


▶︎RONA【発:ロナ】

Corona Virusの略。短くしすぎてコロナウイルスの「ロナ」だけになってしまったようです(笑)


▶︎Bog roll【発:ボグロール】

IMG_6659

bogは辞書で調べると沼のような意味ですが、トイレという意味もあります。これはイギリスでもよく使われているスラングだそうですが、ちょっと下品な言い方かもしれません。(日本語で言うと「便所」のような感じ?)丁寧に言いたい場合はtoilet rollの方が◯です。


▶︎Nigeling【発:ナイジェリング】

social distancingの意味です。日本ではsosial distanceと言われますが、これは英語圏ではほとんど使われません(笑)微妙に意味が異なってくるのだとか。でもNigelingって一体どこから来たのでしょう??


▶︎bloody pagpies【ブラッディマグパイ】

people who take too much from the shop(お店で買いすぎちゃう人たち)のことです。マグパイは以前も紹介した、オーストラリアによくいるカラスのような黒い鳥です。

IMG_6548

(それにしても血塗れのマグパイって…)

オーストラリアでは3月頃日本と同じようにトイレットペーパーを買い占める人が増えて、大変だったようです。ちなみに、ケーキを作る人が増えたのでケーキの材料も品薄だとか。


▶︎chucking a national sickie

Lock downの意味。Chuck a sickieだと、直訳では「病気を投げる」のような意味ですが、オーストラリアでは「仮病を使う」という意味もあります。これはめずらしく元の言葉より長くなってますね!



何でも短くしてしまうオージースラング。意味を知ると笑っちゃうものもたくさんあります。面白いオージースラングを今後も紹介していきますね!

↑このページのトップヘ