タグ:海外生活

前回は、私が実際にオーストラリアの子どもたちとやってみた日本語クラスでの授業を紹介しましたが、今回は次回やってみたいアイデアを紹介したいと思います。

私もまだやっていないので対象年齢や材料はあくまでご参考程度に


▶︎お弁当

image

対象年齢:高学年

材料:お弁当箱または紙皿、紙粘土(または布)、画用紙、毛糸、布など


日本のお弁当文化を紹介し、オーストラリアで一般的に食べられているランチボックスと比較すると面白いと思います。駅弁やキャラ弁、色んなお弁当がありますよね!

おにぎりなどは海外でも有名ですが、タコさんウインナーやうさぎりんご、きゅうりの飾り切りなどは実際にオーストラリアの子どもたちに見せると大喜びで、きゅうり嫌いの子が「私、これ食べてみる!」と言ったこともありました。


【アイデア例】

image

image
image

日本ならではのお弁当アイデアと、オーストラリアならではのアイデアをミックスしたお弁当を作らせると、盛り上がること間違いなしですね!

今回は、私が実際にオーストラリアの子どもたちとやってみた日本語クラスでの授業を紹介したいと思います。

対象年齢はあくまでご参考程度にちなみに、日本の子どもたちにやらせるなら、どちらも1年生でもできます!オーストラリアではあまり細かい作業を嫌がる子も多いので、難しすぎると「やってー!」「手伝ってほしいなー!」と可愛くおねだりされちゃいます。ちょっと簡単かなーってくらいが大人数でやるときにはちょうどいいです。

日本の子ども達下手でも自分でやるもん!

オージー上手にできたらどっちでもOK!

っていう感じです。これも国民性?!


▶︎寿司

対象年齢:5〜6年生

材料:フェルト、余った布、綿、テープ

image

日本なら安く簡単に手に入る、紙粘土。海外では意外とお高いんです。なので、今回は紙粘土より安い「綿」を使って作ることにしました。テープをのりの代わりに使ったことで、不器用な子でもバラバラにならずまとめられ良かったです。

最初にお寿司の写真を見せ、自分でどれを作るか考えさせると楽しいです。日本人にはない驚きのアイデアで楽しませてくれる子がたくさんいますよ。


▶︎ラーメン

対象年齢:1〜3年生

材料:毛糸、画用紙、カップ

image

これも初めに写真を見せてスタートします。味噌味、醤油味、塩味、とんこつスープにも色んな味があるんだよと話すと、「お腹空いてきたー!」と言っていました。具材は知らないものがたくさんあるようなので、これも自分で乗せたいものを自由に組み合わせてもらいました。

麺を毛糸で代用したのですが、個人的には画用紙を細く切り、くしゃくしゃにした方が予算的には良かったのかな?と思いました。

ただこれも難しい子がいるとのことで、担任の先生とも話し合い、今回は毛糸になりました。事前に保護者にも伝えておくと、自分で毛糸を持ってこられるかもしれませんね。


以前にも書きましたが、「日本語クラス」と言っても、オーストラリアの日本語クラスは日本の学校でやっている英語の授業とは違って、言葉を教えながら外国の文化を教え、『色んな国の文化を大切にできる人になろうね』というものが目的のような気がしています。移民の多いオーストラリアではとても大切なことですよね。

メルボルンのcityの中にはショッピングモールや日本のお店もたくさんありますが、以外に郊外の田舎にもどでかいショッピングモールがあるんです!

それこそ日本の田舎にあるAEON MALLみたいな感じです。(田舎のイオンは本当に大きいですよね!)映画館やボーリング場などがついていたり、美容院やエステサロン、銀行もあるので買い物ついでにまとめて色々できちゃいます。


アウトレット専門のショッピングモールもいくつかありますが、その中で私が気になったのが『コンバースのアウトレット専門店』でメルボルンにもいくつかあります。

image


▶︎メルボルンの『converse outlet

アウトレット以外の靴も売っていて種類が豊富ですが、おすすめはキッズサイズです。あうとだとなかなか好きな色、サイズが見つからないことも多いのですが、女の子が大好きなカラフルコンバースも50%オフで買えちゃうこともあります。

子どもの靴って本当に可愛いですよね!(基本的に子供服が好きです!)

image

image
image
image
色やサイズはある程度運もありますが好みの物が安く手に入れば嬉しいですよね。スニーカー好きの人はぜひお立ち寄りください!

もうすぐ9月ですが、日本ではまだまだ暑い日が続いていますね。この時期のメルボルンは少し肌寒い日もあれば、小春日和の日もあり、相変わらず一日の中で温度差が激しいです。

夏になると、私は「顔以外日焼けしたい!」「水着の後をつけたい!」とついつい思ってしまうのですが、皆さんは日焼けは好きですか?日本人はなるべく焼けたくない、美白したい!という人が多いように思いますが、日焼けについては、国によってかなり考え方が違うようです。

IMG_6831



▶︎アジアの国

日本を含めてアジアの国では、大抵色白が人気です。とくにフィリピンなどの東南アジアでは、

日焼け=外で仕事をしている人=収入が低い人

というイメージが未だに強く残っているらしく、日焼けをとても嫌がります。また中東出身の友人が父親から「日焼けは恥ずかしいから半袖は着ちゃだめ!」と注意されたという話を聞いたこともあります。もちろん、全員がそう思っているわけではないですが、日焼けに対してネガティブな印象が強いのかもしれません。


▶︎欧米の国

欧米の国では、

日焼けしていない=バカンスを楽しんでいない

という印象があるらしく、みんな日焼けが大好き!日本人に比べ肌が真っ赤になりやすいにも関わらず、ビーチでも積極的に焼いているのを目にします。ムラなく焼くために、オイルや日焼け止めを使いますが日傘を使ってるのは見たことはありません。



▶︎オーストラリア

オーストラリア人も日焼けが大好き!ビーチじゃなくても公園でも日焼けを楽しんでいます。ただオーストラリアは日差しが強いので、日焼け止めは必須です。小学校の授業でも日差しの皮膚ガンへの影響について、小さい頃から学びます。(オーストラリアでは、日差しのレベルが一定を越えると、外で遊ぶのが禁止になります。)

日焼けを思いっきり楽しむのが難しいので、『タンニングスプレー』をして楽しむ人も多いです。

IMG_6832

肌につけると色がついて、日焼けした風に見えます。肌の弱いオージーでも日焼けを楽しめるアイテムです。色はお湯で落とせます。(日焼け用オイルとは違うので注意!)

タンニングスプレーは現地で購入できますが、顔用日焼け止めは絶対日本で購入するのがオススメ!日本人用の商品の方が日焼けを防げます。ボディー用は現地で大容量のものが格安で売ってあるので、現地で購入してもいいかもしれませんね!

先日は24時間テレビでのチャリティーマラソンが話題になりましたね!海外では、ランナーが寄付をすることが多いと報道されていましたが、オーストラリアではまらの参加費が寄付につながることが多かったように思います。(色々なパターンがあるんでしょうか??)

ここ数年、私の周りでもランナーが増えて、「一緒に走らない?」と誘われることが増えました。日本にいた頃は「絶対いや!」と即答で断っていたのですが、海外にいると気分も変わったのか、ちょっと体を動かしたい気分に(笑)メルボルンのカラーランに参加することになりました!

FullSizeRender



▶︎Melbourne colour run2020の情報

今年はコロナウイルスの影響で開催されるのかはまだ微妙ですが、一応11月に予定されているそうです。(ちなみに従姉妹はシドニーで参加していました。日本でも開催されているはず


参加費は申し込み人数によっても変わるのですが、大勢で一緒に申し込むと少し安いです。参加者には、

・Tシャツ

・リストバンド

・ステッカー

(水で貼るタイプのタトゥーシール)

・カラーパウダー


等がもらえます。Tシャツは走る時に着るので、結構カラフルになるのですが、残念ながら洗濯すると真っ白になります(笑)

カラーパウダーは意外と落ちやすく、少し叩くと落ちます。(ゴール付近に扇風機が設置されていて、その風だけでも結構落ちます。)

このパウダーびっくりしたのが、服に付いても簡単に落ちるのに、ブロンドヘアーに付くとなかなか落ちないということ!きちんと注意書きがあったので友人も帽子を被って参加していましたが、少しだけ色が付いてしまったようです。


私が参加したメルボルンカラーランは、競馬場内で行われたのですが、写真に映えるような、カラフルなブースや煌びやかなコーナーがたくさんあって素通りできません!ついつい写真を撮ってしまいます。(結果あんまり走ってはないかも笑)

FullSizeRender

↑キラキラの紙吹雪ブース

FullSizeRender
↑カラフルバルーンのコース

友達と参加するのがオススメです。


他にも、オーストラリアにはコスプレマラソンやサンタマラソンなど、面白いマラソンイベントがたくさんあるのでマラソン好きな方はぜひ参加してみてくださいね!

↑このページのトップヘ