タグ:ワーキングホリデー

オーストラリアはとっても親日の国!元々移民が多い国ということもあり日本人だけでなく、世界の様々な国の人や文化を温かく受け入れてくれる国といえます。中には、「日本が大好き!」という人もいて、メルボルンで日本語や日本文化の交流を広めるコミュニティやイベントなどがたくさんあります。

でも、日本通なオーストラリア人がいる一方、間違って伝わってしまった日本文化もあります。


▶︎箸万能説

IMG_6535

「箸」は日本だけでなく、中国や韓国などアジアの国で使われていますよね。近年ブームになっている日本食ですが、日本人のようにスマートに箸で食べるのがクール!と思われているようです。(「箸上手だね!」というと、逆に失礼になってしまうこともあるので注意!)そんな箸ですが、カレーを食べる時に使われたり、髪の毛を結う簪(かんざし)に使っている人も

IMG_6537

私の友人もカレーを箸で食べていたので聞いてみると、

「え?!私たちもインドカレーはスプーンで食べるよ。でもこれ、ジャパニーズカレーだもん!(バーモントカレーはオーストラリアでも人気)」

とのこと。

「いやいや、日本人だってカレーはスプーン使うよ!だって食べにくいじゃん!」

と言うと、

「えー!味噌スープだって、うどんだって、箸で食べるの難しいじゃん。ルールが分からない。」

と言われてしまいました。確かに、どんぶりでも、日本人は箸で食べたりスプーンで食べたりしますよねどうやって使い分けてるか、と言われると難しいです。家庭によっても違いますよね。とりあえず、

「カレーはスプーン、髪に付ける飾りも箸じゃないよ。」

とだけ教えておきました。日本の箸はそんなに万能ではありません(笑)



▶︎クリスマスはケンタッキー?

5003

これもたくさんの人に言われたのですが、どうやら日本人は全員、クリスマスにケンタッキーを食べると思われている模様。この説に関しては、あながち嘘でもなく否定しづらかったです。

確かに、クリスマス近くになるとあのテーマソングと一緒にケンタッキーのCMが流されますよね!そして確かに食べたくなる!(笑)これは否定できません。でも、全員が食べるわけではないし、元々宗教と関係なく祝っていることが多いので、いろんな祝い方があるとも伝えました。

もう一つ、日本と海外での大きな違いだなと感じたのは、日本では、「クリスマスは恋人で過ごす日」とされていること。だからクリスマス前に恋人がいないと、寂しい気持ちになったりしますよね。でも海外では、「クリスマスは家族で過ごすもの」です。家族で過ごすから恋人がいてもいなくても関係なし!恋人と過ごすクリスマスも素敵ですが、家族みんなで過ごすクリスマスは、温かくて素敵ですね。



他にも、いただきます!の合掌ポーズで「おはようございます」と言われたり、日本にはまだ忍者がいると思われていたり意外と間違えて伝わっている日本文化はたくさん!

反対に、日本でも間違えて伝わった海外の文化があるかもしれませんね。

これから週末に入る金曜日の夜が特別なのは、どこの国も同じ。TGIFThank God It’s Friday!)と言ったりします。日本語でいうと、「花金」でしょうか?(最近はあまり言いませんね

というわけで、金曜日の夜は外食をしたり、出前を頼んだりするお家も多いのだとか。私の最初のホストファミリーはとてもエレガントなファミリーで、食事の際にはいつもテーブルクロスを敷き、子どもたちがフォークやナイフ、お水などレストランのようにテーブルセットをして食事をします。マナーに厳しい、とかそういうことではないんですが、センスがよく品があるんです!

そんなファミリーも、金曜日の夜だけは違います。「今日はピッツァナイトよ!」とお母さんが言うと、子どもたちは大喜びでピザを選びます。

オーストラリアではなぜかパイナップルが乗った、日本でいうところの「ハワイアンピザ」が大好き!これを「オーストラリアスタイルだ」と言っている人もいるくらい。その他には「meat lovers(お肉好きの為のピザ)」や「cheese lovers」など、メニューは日本にあるピザ屋さんとそんなに違いはありません。

IMG_6508



【手作りサイドメニュー】

サイドメニューは、子どもたちが手慣れた様子で作っていたのですが、簡単でとっても美味しそうだったので紹介します。


▶︎チーズたっぷりガーリックトースト

IMG_6509

パンに切り込みを入れ、間にバターとハーブ(バジルなど)、ガーリック、チーズを挟みます。(バターとチーズはたっぷり!)それをオーブンで焼くと完成です。


▶︎揚げないフライドポテト

IMG_6511

フライドポテトは英語で、アメリカではFrench friesと言われますが、オーストラリアではchipsといいます。(フィッシュ&チップスのチップスですね!)

作り方はとっても簡単。ジャガイモを太めのくし切りにします。それをオーブンのトレイに入れ、オリーブオイルをたっぷり!塩と胡椒で味付けをしたら、お好みでハーブを乗せます。オーブンで火が通るまで焼いたら完成です。味は普通のフライドポテトとそんなに変わりありません。オーブン料理って手軽で簡単ですね!


ピザが届いたら、いよいよpizza nightの始まりです。家族全員リビングへ!子どもたちはリビングにレジャーシートを敷いて、好きな映画を観ながらピザを食べます。大人たちもソファーでまったり。楽しい週末の始まりです!こんな風に日常を楽しめるオーストラリアのファミリー、とっても素敵ですよね。

メルボルンの四季は日本とは真逆。6〜8月が寒くて、12〜2月は夏の気候です。(と、いっても1日の中で温度差が激しいのですが

私の誕生日は11月末なので、日本にいるときは決まって冬の誕生日。(しかも学生時代は、運が悪いと期末テストと重なりました!)オーストラリアでは、生まれて初めて真夏の誕生日を迎えました!!


ありがたいことに、職場でもホームステイ先でも、友人にもお祝いしていただき、1日でbirthday songを10回以上歌ってもらいました!ケーキも3つ(しかもホールで)、

FullSizeRender

そのうちの一つはなんとコアラの形でした!手作りでこんなこと出来るなんて、本当すごすぎます!

IMG_1216

プレゼントやお花もたくさんいただき、これまでで一番の誕生日でした!周りの人達に改めて感謝です!

FullSizeRender

FullSizeRender
オーストラリアでは、誕生日の人がケーキを切り分けます。ケーキを切るとき、ナイフがお皿に着く瞬間に願い事をすると叶うのだそう。コアラケーキはどんな切り方をしても可哀想で、見ている友人もふざけてNo〜!と言っていました(笑)


ちなみに、オーストラリア(だけでなく欧米)では21歳の誕生日は特別!日本でいう20歳のような感じです。(Forever21というブランドもきっと、そこから来ているはず。)パーティーも盛大に行います。海外の盛大なバースデーパーティー、一度は憧れますよね!

そもそも国が違えば、子育ての仕方や考え方だって変わるもの。どっちがいい、悪いではなく私が発見した違いや共通点を紹介していきます。まずは「家庭編」から!


▶︎朝の支度

オーストラリアでは、朝自分で起きる子が日本の子どもたちよりも多いです。低学年の子どもでも、起床したら自分で服を選び、(しっかりしている子は)ベッドメーキングをしてから朝食です。先生が学校で、「今日作ったものを何でもいいから一つ紹介しよう!」と言った際、本当に何も思い付かない子は、「じゃあ、ベッドメーキング!」と答えるほど、朝の習慣となっています。

私は小学生の時は、毎日起こしてもらわないと起きられなかったので、ベッドメーキングなんてする余裕も習慣もありませんでしたが、皆さんはどうですか?

また、学校へは、よほど学校に近い子ども以外は親が車で送迎します。これは日本に比べて、学校の校区が広いのも関係しそうです。(オーストラリアはそんなに治安が悪いところではないです。)


▶︎宿題

IMG_6496

日本では、音読や漢字練習、計算ドリル(懐かしい?)などの宿題が基本的には毎日出されますよね。一方オーストラリアでは、宿題といえば読書とスペリングです。特にスペリングは何度も書いて覚えます。日本の漢字練習に似ているかもしれませんね。皆さんも、中学校に入ると、英語のスペルを何度も書いて(時には語呂合わせで)覚えた経験があるかと思いますが、これは英語圏の人も苦労して覚えてるんだな、と感じました。

ただ、塾もなく宿題や勉強に追われてる感じは全くありません。小学生のうちは、勉強よりしっかり遊ぶことが大事!という考えもあり、習い事や趣味の時間をもつなど、ゆったりした午後を過ごしている子が多いようです。


▶︎お手伝い

IMG_6489

みなさんは子どもの頃、お家でどのくらいお手伝いしましたか?家庭にもよりますが、オーストラリアの子どもたちは意外とお手伝いノルマがあります。それは新聞を取りに行くことだったり、洗い終った食洗機を空っぽにすること、犬の散歩など様々ですが、「手伝ってくれると嬉しいな」というよりは、「家族の一員なんだからやって当たり前」という感覚が近いかも。

食事の前のテーブルセットや食器の片付けはもちろんみんなでやります。(食事はもちろん全員で!)女の子は自分でサラダやケーキを作ったりしますが、これは日本と同じですね。


▶︎次の日の支度

次の日の支度で、時間割を揃えたり、持ち物を確認したりというのは日本と同じです。前日にばっちり用意を済ませておく子、朝の出発前にバタバタと用意をする子に分かれるのも同じです。(私は朝バタバタ派でした

ちなみに海外の子ども用筆箱はこんなに大きいんです。ペンや色鉛筆、何でも入っています!

IMG_6491


一つ大きく違うのが給食がないこと。お弁当を持って行ったり、学校で注文したりします。お弁当は日本のように手の込んだキャラ弁とかではなく、サンドイッチとりんご丸ごと一つのようなシンプルスタイル。(おにぎりを作ってあげると喜んで持って行ってくれます!)ランチボックスはこんな感じ。

IMG_6495

カットフルーツや、野菜がそのまま入っていることが多いです。簡単なのでこれも前日に自分で用意する子もいます。


▶︎就寝

IMG_6255

基本的にはみんな自分の部屋で寝ます。日本では小さいうちは「川の字で寝る」なんてよく言われますが、最近では自分の部屋で寝る子も増えてきているとか。(これは家の広さにもよりますよね。)

欧米では、赤ちゃんの時から親とは別に寝ている子がほとんど(モニターを付けます。)なので、「一人で寝るの怖い!」って子が少ないのかも。小さい頃は、ベッドサイドで読み聞かせをしてもらいますが、大きくなると自分で少し読書して気持ちを落ち着けてから寝るのが一般的です。これが習慣付くと、大人になっても寝る前に読書することがあたりになります。日本でもやっている人が多いのでは?とてもいい習慣ですよね。



いかがでしたか?

日本とそんなに大きくは変わりませんが、「子どもの自立」という点では学ぶところも多いと感じます。(一方、「子どもだけで留守番させてはいけない」という法律があったり、子どもにお遣いさせなかったりもするのですが

それぞれの良いところを合わせた子育てを楽しみたいですね。

オーストラリア人の中には、いわゆる「セカンドハウス」を持つ人がいて、週末やホリデーをセカンドハウスで過ごす人も多いです。(使うとき以外は貸し出すことも。)

私の最初のホストファミリーはBeechworth(ビーチワース)というビクトリア州の北東にある町にホリデーハウスを2軒所有していて、そのうちの1つに遊びに行くことになりました。


ゴールドラッシュの街Beechworth

1850年代半ばのゴールドラッシュ時代の大きな成長で有名な歴史を感じさせる街。以前の記事で紹介した、バララットのテーマパークをそのまま本物の街にしたような雰囲気です。

FullSizeRender

オーストラリアでは、元々、「家は住みながら直していくもの」という考えがあります。私のホストファミリーも、古い家を買い取り、少しずつ修復してこんなに素敵なお家にしたそうです。

FullSizeRender

内装も、当時の面影を残しながらこんなに素敵に!天蓋付きベッドは私の憧れだったのですが、一人で寝るのはやっぱり少し怖かったです(笑)

FullSizeRender

FullSizeRender

少し街を離れると、こんな自然も楽しめます。オーストラリアに来て初めて、ピクニックや日光浴、ハイキングなど自然を楽しむことを知りました。(東京ではなかなか難しいですね。)

FullSizeRender



今回はメルボルンから車で3時間の街、Beechworthを紹介しました。ゴールドラッシュ時代の街並みをゆっくり楽しみたいならおススメです。時間がある方はぜひ足を運んでみてはいかがですか?

↑このページのトップヘ