タグ:メルボルン

日本でも、小さい子を「〜ちゃん」「〜くん」と呼んだり、友達同士や近しい人の間では、お互い愛称で呼んだりすることがありますよね。海外ではどうなんでしょう?今日は、オーストラリアでのあだ名について紹介したいと思います。


▶︎名前を短くする

これは日本でも定番ですよね。例えばショウイチをショウと呼んだり、カズユキをカズと呼んだりするパターンです。海外でも定番で、「あれ?それ本名じゃなかったの?!」というパターンは多々あります。

Benjamin→ベン

Samuel→サム

Matthew→マット

Jonathan→ジョン

Thomas→トム

William→ウィル

挙げていくだけで本当に無数にあります。映画やドラマでもショートネームの方がよく使われるので、日本人には聞き慣れているかもしれませんね。


▶︎語尾を伸ばしたり変えたりして呼ぶ

長年付き合っている友人の名前が実は愛称だったということがありました。(クレジットカードの名前を見せてもらって初めてきづきました!)愛称には海外の定番のとのもあれば、オーストラリア特有のものもあります。

Nicole→ニッキー

Darrin→ダズ

Jacob→ジェーキー

Corin→コージー

Natasha→タッシュ


語尾を伸ばすのは、海外というより、オージーに多い呼び方かもしれません。イギリス出身の友人は、「本当はジェーキーって呼び方嫌なんだけどね。」と言っていました(笑)


▶︎全く違う名前で呼ぶ

これは日本人の私としては、発音が難しかったりする時にとってもありがたい(笑)移民の多いオーストラリアでは、英語以外の語源をもつ名前も多いので発音が難しいこともあり、子どもの頃に呼ばれていた愛称を、友人にも呼ばせているケースも多いです。


Aurëlia→ヤヤ

Mairen→マイマイ

・ドラゴン、レインボー等

(中国人の友人は自分でEnglish nameをつけている人も多いです。「マンゴー」という名前にはびっくりしました!)



愛称も大事な名前です。勝手に呼ぶのではなく、「何て呼べばいい?」「私のことは◯◯って呼んでね!」と距離を縮められるといいですね。参考になれば嬉しいです。

普段何気なく使っているアイテムでも、海外で使っていて「何それ?!」と声をかけられることがあります。日本の文房具って、海外の人から見ると本当にすごいんです!今回は、海外で褒められたアイテムを紹介したいと思います。


①デコレーションテープ

IMG_6690

最近ではセリアやDAISOなど、100均でも売っていますね!修正テープのようにラインを引く感じで、ノートを可愛くデコレーションできます。オーストラリアでは見たこともないようで、使っていると必ず「使ってみたい!」と言われるアイテムです。小学生のお子さんにプレゼントするととっても喜ばれました。


②シール

シールはオーストラリアにももちろんありますが、日本のシールの種類の多さにはびっくりするようです。(しかも値段も安い!)海外で教員をしている友人が日本に来た時には、必ず大量買いしています(笑)

とくに寿司や忍者などのデザインは「日本っぽい!」ととても喜ばれます。


③芯なしステープラー

IMG_6692

商品名ですが、「ホッチキス」とも言いますね。ステープラーはもちろん海外にもあります。ですが芯がないのに留まるステープラーにはみんなびっくりします。環境に気を使っている人も多いので、芯が出ずゴミを出さない点も喜ばれます。

また文房具ではないのですが、ステープラーと形が似ている、「爪切り」もカバー付きのものは初めて見たようで褒められアイテムです。「え!ゴミが散らばらないなんてcool!」と欲しがられました(笑)


④フリクションシリーズ

IMG_6691

日本では定番ですね。初めて使ったときは私も「書いたものが消せるなんて便利!!」とびっくりしました。オーストラリアでも全く同じ反応です(笑)基本的に日本の文房具の精度はとっても高いので、普段普通に使っているペンやボールペン、筆ペンでも海外の友人に使わせると「何これ!高級品なの?!」とジャパニーズクオリティーに驚かれます。日本人としてはちょっと鼻が高いですね(笑)


⑤百均の文房具

メルボルンにもcityにはDAISOがあります。(Melbourne Central駅周辺と、Flinders street駅近くにあります。)売られている商品は日本とほぼ同じ。でも百円ではありません。大体価格は3倍くらいでしょうか。だからたまに買い物に行くのですが、日本人としてはちょっと損した気分になってしまいます。語学留学などでオーストラリアに行く際は事前に日本で買っておくことをおすすめします。シャーペンやノート、ファイル等の日用品は絶対日本で買う方がお買い得です。(使わなかったら、友達にプレゼントしても喜ばれますし!)


いかがでしたか?

日本の文房具は本当に高品質で安い!海外にいく度に実感します。海外の友人との話題作りにもいいかもしれませんね!参考になれば嬉しいです。

今回はコロナウイルスについての記事です。オーストラリアではかなり落ち着いている地区も多い中、メルボルンでは感染者が増えているようで、規制がまた厳しくなったそうです。(ビーチなどは使えないのだとか

そんな中、オーストラリアにいる友人が面白い動画を教えてくれたのでシェアしたいと思います。


オージースラング〜コロナ編〜

https://m.youtube.com/watch?v=jFbcAu1IGd4&feature=youtu.be


動画に出てきたオージースラングを確認してみましょう。

▶︎ISO【発:アイソ】

self isolation(自宅待機)の略。日本ではステイホームや家にいよう!のようなフレーズで呼びかけられていますね。


▶︎Sanny【発:サニー】

hand sanitizer (手指消毒剤)の略。日本ではアルコール消毒や消毒と言いますね。ちなみに似ている響きで、サングラスの事をオーストラリアではSunnies【発:サニーズ】と言います。


▶︎RONA【発:ロナ】

Corona Virusの略。短くしすぎてコロナウイルスの「ロナ」だけになってしまったようです(笑)


▶︎Bog roll【発:ボグロール】

IMG_6659

bogは辞書で調べると沼のような意味ですが、トイレという意味もあります。これはイギリスでもよく使われているスラングだそうですが、ちょっと下品な言い方かもしれません。(日本語で言うと「便所」のような感じ?)丁寧に言いたい場合はtoilet rollの方が◯です。


▶︎Nigeling【発:ナイジェリング】

social distancingの意味です。日本ではsosial distanceと言われますが、これは英語圏ではほとんど使われません(笑)微妙に意味が異なってくるのだとか。でもNigelingって一体どこから来たのでしょう??


▶︎bloody pagpies【ブラッディマグパイ】

people who take too much from the shop(お店で買いすぎちゃう人たち)のことです。マグパイは以前も紹介した、オーストラリアによくいるカラスのような黒い鳥です。

IMG_6548

(それにしても血塗れのマグパイって…)

オーストラリアでは3月頃日本と同じようにトイレットペーパーを買い占める人が増えて、大変だったようです。ちなみに、ケーキを作る人が増えたのでケーキの材料も品薄だとか。


▶︎chucking a national sickie

Lock downの意味。Chuck a sickieだと、直訳では「病気を投げる」のような意味ですが、オーストラリアでは「仮病を使う」という意味もあります。これはめずらしく元の言葉より長くなってますね!



何でも短くしてしまうオージースラング。意味を知ると笑っちゃうものもたくさんあります。面白いオージースラングを今後も紹介していきますね!

日本にいると、「オーストラリアの人ってどんな性格なの?」と聞かれることがあります。そしてどんな性格と一言で説明するのはとっても難しい!

日本人でも色々な人がいるし、年齢や性別、また相手によって性格や態度は違いますよね。でも、時間やルールを守る人が多いことや、良くも悪くも、本音と建前がある所、災害の時でもパニックにならずに落ち着いて行動できる所などは日本人特有なのかな?と感じることもあります。


ある程度英語が理解できると、海外に行った時に感じるのが、「差別」や「疎外感」。もちろん職場の人や友人などの中ではそんなことは感じませんが、たまたま訪れたレストランで対応が悪いことなど、アジア人であれば経験したことがある人も多いかもしれません。(その国の人間なのだから「疎外感」というか「よそ者感」は感じて当たり前なのかもしれませんが


その点オーストラリアは移民の多い国です。cityにも中華街やイタリア通り、アラビアやインド料理の集まった通りがあるなど、本当に多国籍です。お店で買い物をして、(日本食などを買った時)「あなた日本人なの?」と話しかけられることがありますが、「私も日本に行ったことがあってね!」と、とても友好的です。


私がオーストラリア人の優しさに感動したのが、電車に乗っている時のことです。(海外では絶対にやってはいけないことなのですが、)電車に乗るとついついウトウト

すると、


「肩貸そうか?」

と声をかけてくれるおばちゃんや、


「この席座る?」

と席を譲ってくれる青年。(立ったまま寝てました笑)

そんなことが何度もありました。オーストラリア人って本当に優しい!


また他にもよく見かけるのが、

「ホームレスに声を掛ける」ということ。ホームレスに飲み物を差し入れしたり、どうゆう経緯でホームレスになったのか聞いたりすごく気にかけるんです。(むしろ女の子であれば、ホームレスでなくともちょっと道に座り込めば心配されます。)

だから、ホームレスの人たちも怖い印象はなく、日本や他の国で見かけるホームレスとは全く違います。

IMG_6658


そんな優しくてフレンドリーな一面は、オージーならではの国民性かもしれませんね。オーストラリアに興味をもつきっかけになれば嬉しいです。

日本人なら幼稚園や小学校で、誰でも一度は触れたことのある折り紙ですが、実は海外でも人気なんです。

私も何度が授業に折り紙を取り入れたことがありますが、オーストラリアの子どもたちも折り紙が大好き!そこで、今日は海外の子どもたちに折り紙を教えるコツをいくつか紹介したいと思います。


▶︎大きな折り紙を使う

これは日本でも同じですが、見本の折り紙は大きい方が見やすいですね。日本でよく見かける「両面に色がついた折り紙」も、遠くからでも見やすくおすすめです。また海外の子どもたちは、日本人ほど折り紙に親しんでいません。初めは大きめの折り紙で練習するといいかもしれません。


▶︎動画を使う

オーストラリアでは、高学年になると一人一台iPadを所有しています。動画も簡単にシェアすることができるので、あらかじめ録画しておくと何度も映像を見返すことができます。


▶︎ほどよくお手伝い

授業をしていて感じたのが、オーストラリアの子どもたちは細かい作業は苦手ということ。日本では(出来ないのに)「自分でやる!」と言って聞かない子がいるのと同じくらい、初めから「私できない」と諦めてしまう子がいます(笑)

turn it over(ひっくり返して)と言っただけで、「分からない」と言った子もいます。また、「やってー!」と可愛くお願いされることもしばしば。発達段階やその子にもよりますが、できるだけ楽しくできるようにほどよくフォローしながら教えましょう。出来上がると、(例えちょっと失敗していても)自分の作った作品に大喜びです!

IMG_6657


▶︎色にこだわらない

日本で折り紙を教える時、もし

「何色でもいいから一枚出してね!」

と声を掛けると、きっとほとんどの子が

「先生、何を作るの?」(作るものによって色が違うよー!)

と答えると思います。一方オーストラリアでは、例え作るものが決まっていても、子どもたちの色の発想がとっても自由なんです。例えサンタクロースであっても、かにであっても、自分の好きな色を選ぶ子がいます。また、オーストラリアでは日本のように一色だけで売られていないので、たくさんの色の中から好きな色を自分で選ばせるのもいいかもしれませんね。


▶︎ほどよく日本語を混ぜて

せっかく日本の文化を教えるのだから、日本語も教えましょう。例えば、

please make a 「三角」「四角」(trianglerectangleを言い換える)

turn it overと言わずに「ひっくり返して」

・すごい!上手!など褒め言葉を日本語で

hold it in 「半分」(halfを言い換える)


日本語に置き換えるのは簡単ですが、大切なのは、何度も同じフレーズを使うこと。繰り返すうちに、意味を尋ねる子がいたり、推測するこがいたりすごい!や上手!は子どもたちもそのうちマネをします。活動の中で自然に言語を習得できるのが理想ですね。



いかがでしたか。海外のお友達や子どもたちに折り紙を教える機会があれば、ぜひ試してみてくださいね。

↑このページのトップヘ