タグ:オーストラリアのファッション

オーストラリアのメルボルンは、「世界一住みやすい街」として日本人が住みたい場所として、よくランキング上位にも登場します。

確かに、街並みはお洒落で

5003

FullSizeRender

歴史ある建物だけでなく、最新のアートもたくさん!

IMG_6539

オーストラリアは移民の多い国なので、日本と同じように、多国籍の料理が楽しめます。cityだけでも日本食料理店やラーメンも多く、インドや、ベトナム料理の店やちょっとした中華街、イタリア料理の通りがあるなど種類も豊富!

▶︎Lygon street

IMG_6543

イタリア料理店が集まったライゴンストリートも本格的なイタリアンが楽しめるだけでなくお洒落でおすすめです!


しかもオーストラリア人は親日でとっても優しいです。確かに「住みやすい街」ですね!

でもただ一つだけ、とっても住みにくい要素があるんです

それは、


「気温や天気が変わりやすい」こと。


メルボルンは、「1日に四季がある街」とよく言われるように、1日の中でも気温や天候が変わりやすい!雨が突然降ったり、止んだり急に暑くなったり、寒くなったり気候の変動がとっても激しい街でもあるんです。


だから外出するときには、体温を調整しやすい服がおすすめです。ちょっと暑いなーと思っても、羽織りものやストールなどあるととっても便利です。オーストラリア人は暑がりな人も多いので、日本人にはちょっと寒いということもあります。(私の友人は真冬でも半袖のTシャツを着ていました

雪こそ降りませんが、メルボルンの冬は風がとっても冷たいです!6月に行く人は、ダウンが一枚あっても便利です。


また一日中雨が降っていることは珍しいですが、晴れた日に突然雨が降ることも。私は折り畳み傘を常備していましたが、オーストラリア人はあまり傘は差さないようです…。でも、cityの中であればアーケードやショッピングモール内を通れば、濡れずに移動できます。

▶︎Block Arcade(ブロックアーケード)

IMG_6540

▶︎Melbourne Central(メルボルンセントラル)

IMG_6541

日本でよく見かけるレインブーツもオーストラリアではあまりないようで、履いていると「それクールだね!」と必ず褒められるアイテムでした。


さらにメルボルンは、一日の中で気候が変化しやすいだけでなく、一週間の中でも気温の変化が激しい!以前気温が11度の翌日、35度の近くまで気温が上がった日もありました。これにはオーストラリア人もびっくりで、「本当に世界一住みやすい街なの?!」と突っ込んでいたほど(笑)


メルボルンが日本人にとっても住みやすい街であることは間違えないですが、快適に過ごせるよう、服装の準備もしっかりしてくださいね!参考になれば嬉しいです!

前編に引き継ぎ、おしゃれなオーストラリア女子がファッション以上に気を遣っていることを紹介します。


▶︎肌見せは脚より上半身!

「アジア人はどうしてあんなに短いスカートばかり履くの?」と聞かれたことがあります。逆に、オーストラリア人(だけでなく欧米の人)はデコルテの大きく開いた服や、上半身のラインがぴったりとしている洋服着ている人が多いです。

細く美しい脚は魅力的ですが、chicken legs!(鳥みたい!)と言って嫌がる男性がいることも事実です。国によって美しさの条件は様々ですね。脚ばかり見せていると、「バストに自信がないの?」と思われてしまうようです。かといって肌見せのしすぎもNG。日本より少し大胆になるくらいは平気ですが、場を弁えながら品のある肌見せを楽しみたいですね。


▶︎ヘアアレンジよりヘアカラー

オーストラリアに来たばかりの頃は、「オーストラリア人はみんな綺麗なブロンドヘアで羨ましいなー」なんて思っていました。でも実は、世界の国の中で、大人になるまでずーっとブロンドヘアーの人はなかなかいないそう。(北欧など一部の国を除く)

生まれた時はブロンドでも、成長するにつれて色が変わり、大人になるとブラウンに近くなる人が多いようです。そこで、オーストラリアの人は、ヘアアレンジよりカラーを楽しみます。美容院で使う薬品も、日本のものより強い薬品を使用しているので、ブリーチだけでなく、ピンクやグリーンの色もはっきりと染めることができます。

IMG_6337

IMG_6338

日本人が働いている美容院もあるので、興味のある人は試してみてくださいね。


いかがでしたか?

海外だからこそできるおしゃれや、自分らしいおしゃれをオーストラリアでも楽しんでみてくださいね。

日本に帰国した時に思いましたが、日本人は本当におしゃれ!季節感を取り入れるだけでなく、街を歩くだけでその時のトレンドが分かります。髪型一つとってもトレンドがあり、美容にかける値段も高いですよね。


一方、オーストラリアでもトレンドがあり、メルボルンでは(季節の関係で)日本より遅れた形で同じような服がショップに並びます。メルボルンっ子はとってもおしゃれです。ただ、みんな日本や韓国のファッションよりシンプルなファッションを好むので、日本で着ていた服を着ると観光客だと思われます。

今回は、そんなおしゃれなオーストラリア女子がファッション以上に気を遣っていることを紹介したいと思います。


▶︎白い歯

IMG_6340

日本では、学校でも定期的に歯科検診があり、歯の健康に関しては意識高めですよね。一方、歯科矯正やホワイトニングまでお金をかける人はまだまだ少ないと思います。

余談ですが、日本では可愛いと言われる「八重歯」、海外では嫌がられることもあります。小さいうちから歯並びを整えることが多いんです。

そしてホワイトニングも定番です。日本でホワイトニングをすると、自然な白さを目指すものですが、海外では少し白すぎるくらいがいいらしい。マウスピースさえ作れば、家でもホワイトニング(ホームホワイトニング)出来るので、自分でやっている人も多いようです。


▶︎健康的な日焼け

IMG_6339

アジアの国では、白い肌ほど美しいとされることが多いですよね。一方、ヨーロッパを始め海外では、「日焼けしていない=holidayを楽しんでいない」ということになるんです。(オーストラリアではvacationではなくholidayといいます。)

ただ、紫外線の強いオーストラリアでは、肌へのダメージを気にする人も多いので、日焼けスプレーを使うことも。腕やデコルテにさっとスプレーすると、健康的に見えておすすめです!

↑このページのトップヘ