カテゴリ: 日本人として

先日は地震速報の誤報があり、びっくりしましたね!長年東京に住んでいると、地震自体には慣れますが夜中や早朝にあのアラームがなると毎回ドキドキしてしまいます。

日本と違いオーストラリアでは地震はほとんど地震はありません。だから家具の置き方にしても、「え!そんなとこに置いたら落ちるのでは?!」と思うような場所に綺麗なお皿を飾っていることもしばしばです。


そんな地震に慣れていないオージーが日本に旅行すると小さな地震でもとても怖いと感じてしまうようです。私の友人も日本人が気付かないような小さな地震でも飛び起きていました。

私の勤務校では、二年に一度、高学年の子どもたち(渡航費も高額なので、希望者のみ20人程度)を連れてJapan tourに行くのですが、とにかく子どもたちは地震が心配なようです。

そこで、もしも地震が起きた場合の(日本では当たり前の)行動の仕方をオーストラリアの子どもたちに教えることにしました。



▶︎もし地震が起きたら

①慌てない

まず一番大切なのはパニックにならないということ。海外の子どもたちは感情表現がとても豊かな子が多いです。パニックにもなりやすい。まずは慌てずに落ち着いて行動することを教えます。日本の建物はある程度の地震には耐えられること、(東京では)毎月避難訓練が義務付けられているのでみんな日頃から訓練されていることなどを伝え、安心させるようにしました。


②頭を守る

揺れている間は、とにかく動かずテーブルの下などで頭を守ります。揺れによっては、大人は出口を確保したり、火の元を確認したりとすることもありますが、子どもたちには揺れがおさまるまでは動かないように伝える方が安全です。また室内より屋外の方が安全なことを伝え、屋外でも落下物に巻き込まれないようしゃがんで頭を守るよう伝えました。


③避難

揺れがおさまってから避難しますが、これも大人たちが安全な場所を知っているので大人の指示に従うことも伝えました。津波のイメージがとても強いようでしたが、津波は震度によっては起こらないこと、地域によって安全な場所が防災マップなどで決められていることなどを伝え、本当に非難が必要な場合にのみ避難することを伝えました。

FullSizeRender



日本で初めて経験するかもしれない地震。子どもたちにとってはとても怖いですよね。地震大国の日本では、普段から地震に備えたいることをしっかりと伝え、いざというときの命の守り方を伝えることで子どもたちも少し安心したようでした。

普段何気なく使っているアイテムでも、海外で使っていて「何それ?!」と声をかけられることがあります。日本の文房具って、海外の人から見ると本当にすごいんです!今回は、海外で褒められたアイテムを紹介したいと思います。


①デコレーションテープ

IMG_6690

最近ではセリアやDAISOなど、100均でも売っていますね!修正テープのようにラインを引く感じで、ノートを可愛くデコレーションできます。オーストラリアでは見たこともないようで、使っていると必ず「使ってみたい!」と言われるアイテムです。小学生のお子さんにプレゼントするととっても喜ばれました。


②シール

シールはオーストラリアにももちろんありますが、日本のシールの種類の多さにはびっくりするようです。(しかも値段も安い!)海外で教員をしている友人が日本に来た時には、必ず大量買いしています(笑)

とくに寿司や忍者などのデザインは「日本っぽい!」ととても喜ばれます。


③芯なしステープラー

IMG_6692

商品名ですが、「ホッチキス」とも言いますね。ステープラーはもちろん海外にもあります。ですが芯がないのに留まるステープラーにはみんなびっくりします。環境に気を使っている人も多いので、芯が出ずゴミを出さない点も喜ばれます。

また文房具ではないのですが、ステープラーと形が似ている、「爪切り」もカバー付きのものは初めて見たようで褒められアイテムです。「え!ゴミが散らばらないなんてcool!」と欲しがられました(笑)


④フリクションシリーズ

IMG_6691

日本では定番ですね。初めて使ったときは私も「書いたものが消せるなんて便利!!」とびっくりしました。オーストラリアでも全く同じ反応です(笑)基本的に日本の文房具の精度はとっても高いので、普段普通に使っているペンやボールペン、筆ペンでも海外の友人に使わせると「何これ!高級品なの?!」とジャパニーズクオリティーに驚かれます。日本人としてはちょっと鼻が高いですね(笑)


⑤百均の文房具

メルボルンにもcityにはDAISOがあります。(Melbourne Central駅周辺と、Flinders street駅近くにあります。)売られている商品は日本とほぼ同じ。でも百円ではありません。大体価格は3倍くらいでしょうか。だからたまに買い物に行くのですが、日本人としてはちょっと損した気分になってしまいます。語学留学などでオーストラリアに行く際は事前に日本で買っておくことをおすすめします。シャーペンやノート、ファイル等の日用品は絶対日本で買う方がお買い得です。(使わなかったら、友達にプレゼントしても喜ばれますし!)


いかがでしたか?

日本の文房具は本当に高品質で安い!海外にいく度に実感します。海外の友人との話題作りにもいいかもしれませんね!参考になれば嬉しいです。

日本人なら幼稚園や小学校で、誰でも一度は触れたことのある折り紙ですが、実は海外でも人気なんです。

私も何度が授業に折り紙を取り入れたことがありますが、オーストラリアの子どもたちも折り紙が大好き!そこで、今日は海外の子どもたちに折り紙を教えるコツをいくつか紹介したいと思います。


▶︎大きな折り紙を使う

これは日本でも同じですが、見本の折り紙は大きい方が見やすいですね。日本でよく見かける「両面に色がついた折り紙」も、遠くからでも見やすくおすすめです。また海外の子どもたちは、日本人ほど折り紙に親しんでいません。初めは大きめの折り紙で練習するといいかもしれません。


▶︎動画を使う

オーストラリアでは、高学年になると一人一台iPadを所有しています。動画も簡単にシェアすることができるので、あらかじめ録画しておくと何度も映像を見返すことができます。


▶︎ほどよくお手伝い

授業をしていて感じたのが、オーストラリアの子どもたちは細かい作業は苦手ということ。日本では(出来ないのに)「自分でやる!」と言って聞かない子がいるのと同じくらい、初めから「私できない」と諦めてしまう子がいます(笑)

turn it over(ひっくり返して)と言っただけで、「分からない」と言った子もいます。また、「やってー!」と可愛くお願いされることもしばしば。発達段階やその子にもよりますが、できるだけ楽しくできるようにほどよくフォローしながら教えましょう。出来上がると、(例えちょっと失敗していても)自分の作った作品に大喜びです!

IMG_6657


▶︎色にこだわらない

日本で折り紙を教える時、もし

「何色でもいいから一枚出してね!」

と声を掛けると、きっとほとんどの子が

「先生、何を作るの?」(作るものによって色が違うよー!)

と答えると思います。一方オーストラリアでは、例え作るものが決まっていても、子どもたちの色の発想がとっても自由なんです。例えサンタクロースであっても、かにであっても、自分の好きな色を選ぶ子がいます。また、オーストラリアでは日本のように一色だけで売られていないので、たくさんの色の中から好きな色を自分で選ばせるのもいいかもしれませんね。


▶︎ほどよく日本語を混ぜて

せっかく日本の文化を教えるのだから、日本語も教えましょう。例えば、

please make a 「三角」「四角」(trianglerectangleを言い換える)

turn it overと言わずに「ひっくり返して」

・すごい!上手!など褒め言葉を日本語で

hold it in 「半分」(halfを言い換える)


日本語に置き換えるのは簡単ですが、大切なのは、何度も同じフレーズを使うこと。繰り返すうちに、意味を尋ねる子がいたり、推測するこがいたりすごい!や上手!は子どもたちもそのうちマネをします。活動の中で自然に言語を習得できるのが理想ですね。



いかがでしたか。海外のお友達や子どもたちに折り紙を教える機会があれば、ぜひ試してみてくださいね。

オーストラリアはとっても親日の国!元々移民が多い国ということもあり日本人だけでなく、世界の様々な国の人や文化を温かく受け入れてくれる国といえます。中には、「日本が大好き!」という人もいて、メルボルンで日本語や日本文化の交流を広めるコミュニティやイベントなどがたくさんあります。

でも、日本通なオーストラリア人がいる一方、間違って伝わってしまった日本文化もあります。


▶︎箸万能説

IMG_6535

「箸」は日本だけでなく、中国や韓国などアジアの国で使われていますよね。近年ブームになっている日本食ですが、日本人のようにスマートに箸で食べるのがクール!と思われているようです。(「箸上手だね!」というと、逆に失礼になってしまうこともあるので注意!)そんな箸ですが、カレーを食べる時に使われたり、髪の毛を結う簪(かんざし)に使っている人も

IMG_6537

私の友人もカレーを箸で食べていたので聞いてみると、

「え?!私たちもインドカレーはスプーンで食べるよ。でもこれ、ジャパニーズカレーだもん!(バーモントカレーはオーストラリアでも人気)」

とのこと。

「いやいや、日本人だってカレーはスプーン使うよ!だって食べにくいじゃん!」

と言うと、

「えー!味噌スープだって、うどんだって、箸で食べるの難しいじゃん。ルールが分からない。」

と言われてしまいました。確かに、どんぶりでも、日本人は箸で食べたりスプーンで食べたりしますよねどうやって使い分けてるか、と言われると難しいです。家庭によっても違いますよね。とりあえず、

「カレーはスプーン、髪に付ける飾りも箸じゃないよ。」

とだけ教えておきました。日本の箸はそんなに万能ではありません(笑)



▶︎クリスマスはケンタッキー?

5003

これもたくさんの人に言われたのですが、どうやら日本人は全員、クリスマスにケンタッキーを食べると思われている模様。この説に関しては、あながち嘘でもなく否定しづらかったです。

確かに、クリスマス近くになるとあのテーマソングと一緒にケンタッキーのCMが流されますよね!そして確かに食べたくなる!(笑)これは否定できません。でも、全員が食べるわけではないし、元々宗教と関係なく祝っていることが多いので、いろんな祝い方があるとも伝えました。

もう一つ、日本と海外での大きな違いだなと感じたのは、日本では、「クリスマスは恋人で過ごす日」とされていること。だからクリスマス前に恋人がいないと、寂しい気持ちになったりしますよね。でも海外では、「クリスマスは家族で過ごすもの」です。家族で過ごすから恋人がいてもいなくても関係なし!恋人と過ごすクリスマスも素敵ですが、家族みんなで過ごすクリスマスは、温かくて素敵ですね。



他にも、いただきます!の合掌ポーズで「おはようございます」と言われたり、日本にはまだ忍者がいると思われていたり意外と間違えて伝わっている日本文化はたくさん!

反対に、日本でも間違えて伝わった海外の文化があるかもしれませんね。

↑このページのトップヘ