カテゴリ: 言葉

以前から不思議だったのですが、旅行などでオーストラリアに行ったことのある日本人に会うと大抵、

「オーストラリア英語って訛ってるよね!」


と言われるんです。

「訛ってて聞き取れない。」

とまで言う人います。


私は内心、(えー!!そんなの日本人であるあなたが言うの?!)とびっくり。だって、大抵の場合は「訛ってるから聞き取れない」のではなく、「英語が聞き取れていない」だけなんです。確かに、中にはすっごく癖のある話し方やAussie slangをたくさん使う人もいます。(確かに単語の意味が分からないこともある!)

でもその前に考えて欲しいのは、そもそも「英語=English」。つまりイギリスの言語なんです。イギリスからの移民の多いオーストラリア人に、「訛ってるよね?!」なんておかしな話です。(少なくとも日本人には言わたくない

IMG_6443

皆さんもご存知の通り、英語はオーストラリアだけでなく、イギリスやアメリカ、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、フィリピンなどなど、英語が公用語になっている国だけで12か国あると言われています。

確かに、それぞれの英語には特徴があるし、聞き取りづらいアクセントもあります。でも第一言語が英語の人であれば、大抵は理解できるんです。(日本語の方言もそうですよね?)

相手を否定する前に、まずは自分のリスニングレベルを上げること。そして、自分の好きな国のアクセントで話せるように練習しましょう。相手の訛りを笑うよりよっぽど素敵ですよね!皆さんの英語の学習の参考になれば嬉しいです。

“You’re welcome !“

日本語ではよく「どういたしまして!」と訳されますね。小学生でも知っている簡単な表現ですが、私はオーストラリアに来て、この簡単な表現のもつ意味を考えさせられました。


実は「どういたしまして!」の表現は他にもあるんです。例えば、


welcome!(いいよ!)

Anytime!(そんなのいつでもいいよ!)

My pleasure.(喜んで。)

Sure!(いいよ)

No problem!(どうってことないよ!)

You’re very welcome. 

You’re most welcome.

などなど。


私のホストマザーズは、よく

"You’re most welcome."

といってくれます。でもよく考えると、welcomeってとても素敵な言葉じゃないですか?


ただ「どういたしまして」じゃなくて、「あなたを受け入れるよ」「あなたのためなら喜んで!」という愛情を感じる、心が温まる表現だと思います。「ありがとう!」と言った方も思わず嬉しくなりますね!


簡単な英語でも気持ちは伝わります。みなさんもいろんな表現で、「どういたしまして!」の気持ちを伝えてみて下さいね。

オーストラリア滞在中、3つの家庭にホームステイしていました。そのうちの一つのご家庭で体験した話を紹介したいと思います。


オーストラリアだけでなく、海外では「おやすみ」のかわりにhugkissの後、"love you!"と言うのが定番です。(これは映画でもよくある場面ですよね?)

5003

一方日本人の私はというと、家族に"love you"なんて言ったことはありません。(むしろパパ、ママと呼んだこともない

hugkissなんて記憶にないくらい。

ふとした時にそんな話をしたのですが、何とその夜、ホストシスターが眠れなくなってしまったというのです。

「ママに"love you"って言われたこともないってどんな気持ちなの?」「何で"love you"って言わないの??」と考えれば考えるほど眠れなかったのだとか。


うーん

決して愛されてなかったわけではないし、今でも家族とは仲良し。でもこれって、説明するのがとっても難しい。

そこで、私は"love you!"の代わりに私が家族を思う気持ちにぴったりの言葉を伝えました。それは


「大切」「大事」


ということ。

日本人は確かに"love you!"と口に出す人は少ないかもしれませんが、「大切」に思ったり、「大事」にしようとする気持ちって"love you!"と同じですよね。

「私も家族を大切に思っているし、大事にしてるよ。」と伝えると安心したようで、その日はぐっすり眠れたようです。(良かった!)

その国ならではの、相手に気持ちが伝わる言葉。大切にしたいですね。

IMG_6192


ちなみに口癖のように、"I love ice cream!" と言っている同僚の娘さん(10歳)は、"Aww....I can’t say I love you Mum more than ice cream...."「アイスクリームよりママの方が愛してるなんて言えない(アイスが好きすぎて)」なんて言っています。

「アイスクリームを愛してる」なんて、ちょっと不思議な言い方ですよね。

前編に引き続き、海外だからこそ出来る無料で英語を勉強できる方法をお伝えします。


Meetupのイベント

Meetupというと、よく「出会い系じゃないの?」と言われますが、確かに「同じ趣味を持つ人」の出会い系サイトとも言えるかも。

「ボードゲームが好き」「アニメについて語ろう」など、同じ目的をもった人が集まるイベントを集めているアプリです。

FullSizeRender

「英語」や「語学」で検索するとこんな感じで、たくさんのイベントが出てきます。

FullSizeRender

内容は、そのグループによって違い、何回か通ううちに顔馴染みも増えていきます。

もちろん恋愛を求めている人もいますが、きちんと英語を学びたい人がほとんどです。(と信じたい)


私は英語だけでなく、ダンスやヨガのグループにも参加しました。共通の趣味をもつ友人に出会えると、海外生活がより充実しますね!



 Teacher college

Teacher collegeとは、「先生になるための学校」です。メルボルンだけでなく英語圏には「英語の先生にための学校」があります。

(日本にも、日本語学校の先生になるための学校がありますよね。)


通年ではありませんが、Teacher collegeの生徒さんによる英語の授業がフリーで開かれることがあります。(教育実習みたいな感じ?)

Free school」「Free English class」などで検索をするとたくさん出てきます。それぞれ時期が違い、必ず事前登録が必要ですのでご注意ください。(簡単なテストあり)


私のおすすめはこちらです。

▶︎Teaching house Melbourne 

5003

Address: 185 Spring Street Melbourne 4th floor

higher level が人気のようで、生徒さんも多国籍!授業の内容も幅広く、ReadingWritingなど、教材やテーマも工夫されていました。

授業中は、Teacher collegeの先生が後ろから見ているので、教えている先生(collegeの生徒さん)もちょっとドキドキしながら授業しています。


いかがでしたか?皆さんにぴったりの英語クラスを見つけられるきっかけになれば嬉しいです。

海外に留学や移住する日本人の中には、「もう英語はバッチリ!」という人ももちろん多いと思います。

IMG_6178

当時の私は、海外(といってもマレーシア)の語学学校に通ったことが一度あるだけ。もちろんその後も、英会話スクールに通ったり、スカイプレッスンを続けたりしました。

しかし、英文科卒でもなく、英語を使う機会が多いでもなく、「話せるけど別に得意というほどではない。」というレベルでした。


そんな中、オーストラリア人しかいない環境に身を置くことになり、もう一度ちゃんと学校で勉強したいなという気持ちが芽生えました。


とはいっても、平日の昼間仕事があり、語学学校へ通うのはムリ。そこで、働いている人でも通える、フリースクールをいくつか探すことにしました。


①教会

IMG_6181

写真はFlinders street station すぐ側のセント・パール大聖堂ですが、教会では大体どこでも英語クラスがあります。

内容は場所によっても異なりますが、まず聖書のお話を聞いた後で、簡単な英語表現を勉強したり、フリートークといった感じです。とてもアットホームな雰囲気です。




②Library

▶︎City library

5003

Address: 253 Flinders Lane Melbourne VIC 

こちらはcityにある図書館。(有名な州立図書館↓ではなく小さい図書館です。)

IMG_6180

私が参加した時には、受講者の人数が多くみんなどこかからイスを運んできていました。内容はフリートークでしたが、人数が10人以上いるとやはり自分が話せる時間は少ないです。


他にも郊外の図書館で開催されているクラスもあります。私が何度か通ったのは、

▶︎Realm

IMG_6176

Address: 179 Maroondah Hwy Ringwood Melbourne VIC 

こちらは私が住んでいたエリアの図書館です。教えくれるのは地元のボランティアさん。場所や時期によってレベルも内容も異なりますが、少人数なので楽しく学習できます。近くの図書館で英語クラスがないか、ぜひ一度聞いてみて下さいね。



↑このページのトップヘ