カテゴリ: 渡航準備

普段何気なく使っているアイテムでも、海外で使っていて「何それ?!」と声をかけられることがあります。日本の文房具って、海外の人から見ると本当にすごいんです!今回は、海外で褒められたアイテムを紹介したいと思います。


①デコレーションテープ

IMG_6690

最近ではセリアやDAISOなど、100均でも売っていますね!修正テープのようにラインを引く感じで、ノートを可愛くデコレーションできます。オーストラリアでは見たこともないようで、使っていると必ず「使ってみたい!」と言われるアイテムです。小学生のお子さんにプレゼントするととっても喜ばれました。


②シール

シールはオーストラリアにももちろんありますが、日本のシールの種類の多さにはびっくりするようです。(しかも値段も安い!)海外で教員をしている友人が日本に来た時には、必ず大量買いしています(笑)

とくに寿司や忍者などのデザインは「日本っぽい!」ととても喜ばれます。


③芯なしステープラー

IMG_6692

商品名ですが、「ホッチキス」とも言いますね。ステープラーはもちろん海外にもあります。ですが芯がないのに留まるステープラーにはみんなびっくりします。環境に気を使っている人も多いので、芯が出ずゴミを出さない点も喜ばれます。

また文房具ではないのですが、ステープラーと形が似ている、「爪切り」もカバー付きのものは初めて見たようで褒められアイテムです。「え!ゴミが散らばらないなんてcool!」と欲しがられました(笑)


④フリクションシリーズ

IMG_6691

日本では定番ですね。初めて使ったときは私も「書いたものが消せるなんて便利!!」とびっくりしました。オーストラリアでも全く同じ反応です(笑)基本的に日本の文房具の精度はとっても高いので、普段普通に使っているペンやボールペン、筆ペンでも海外の友人に使わせると「何これ!高級品なの?!」とジャパニーズクオリティーに驚かれます。日本人としてはちょっと鼻が高いですね(笑)


⑤百均の文房具

メルボルンにもcityにはDAISOがあります。(Melbourne Central駅周辺と、Flinders street駅近くにあります。)売られている商品は日本とほぼ同じ。でも百円ではありません。大体価格は3倍くらいでしょうか。だからたまに買い物に行くのですが、日本人としてはちょっと損した気分になってしまいます。語学留学などでオーストラリアに行く際は事前に日本で買っておくことをおすすめします。シャーペンやノート、ファイル等の日用品は絶対日本で買う方がお買い得です。(使わなかったら、友達にプレゼントしても喜ばれますし!)


いかがでしたか?

日本の文房具は本当に高品質で安い!海外にいく度に実感します。海外の友人との話題作りにもいいかもしれませんね!参考になれば嬉しいです。

オーストラリアのメルボルンは、「世界一住みやすい街」として日本人が住みたい場所として、よくランキング上位にも登場します。

確かに、街並みはお洒落で

5003

FullSizeRender

歴史ある建物だけでなく、最新のアートもたくさん!

IMG_6539

オーストラリアは移民の多い国なので、日本と同じように、多国籍の料理が楽しめます。cityだけでも日本食料理店やラーメンも多く、インドや、ベトナム料理の店やちょっとした中華街、イタリア料理の通りがあるなど種類も豊富!

▶︎Lygon street

IMG_6543

イタリア料理店が集まったライゴンストリートも本格的なイタリアンが楽しめるだけでなくお洒落でおすすめです!


しかもオーストラリア人は親日でとっても優しいです。確かに「住みやすい街」ですね!

でもただ一つだけ、とっても住みにくい要素があるんです

それは、


「気温や天気が変わりやすい」こと。


メルボルンは、「1日に四季がある街」とよく言われるように、1日の中でも気温や天候が変わりやすい!雨が突然降ったり、止んだり急に暑くなったり、寒くなったり気候の変動がとっても激しい街でもあるんです。


だから外出するときには、体温を調整しやすい服がおすすめです。ちょっと暑いなーと思っても、羽織りものやストールなどあるととっても便利です。オーストラリア人は暑がりな人も多いので、日本人にはちょっと寒いということもあります。(私の友人は真冬でも半袖のTシャツを着ていました

雪こそ降りませんが、メルボルンの冬は風がとっても冷たいです!6月に行く人は、ダウンが一枚あっても便利です。


また一日中雨が降っていることは珍しいですが、晴れた日に突然雨が降ることも。私は折り畳み傘を常備していましたが、オーストラリア人はあまり傘は差さないようです…。でも、cityの中であればアーケードやショッピングモール内を通れば、濡れずに移動できます。

▶︎Block Arcade(ブロックアーケード)

IMG_6540

▶︎Melbourne Central(メルボルンセントラル)

IMG_6541

日本でよく見かけるレインブーツもオーストラリアではあまりないようで、履いていると「それクールだね!」と必ず褒められるアイテムでした。


さらにメルボルンは、一日の中で気候が変化しやすいだけでなく、一週間の中でも気温の変化が激しい!以前気温が11度の翌日、35度の近くまで気温が上がった日もありました。これにはオーストラリア人もびっくりで、「本当に世界一住みやすい街なの?!」と突っ込んでいたほど(笑)


メルボルンが日本人にとっても住みやすい街であることは間違えないですが、快適に過ごせるよう、服装の準備もしっかりしてくださいね!参考になれば嬉しいです!

渡航前の英語力や勉強方法について紹介します。前回は、

①英会話教室

②通信教育

▶︎マレーシア短期留学

について私の経験に沿って紹介しました。今回は、マレーシア短期留学の帰国後の話から紹介します。



③オンラインレッスン

IMG_6422

短期留学から帰ってきて始めたのはオンラインのスカイプレッスンです。これは本当に種類がたくさんあって、無料体験レッスンを全て試すだけでも多分半年は続けられます(笑)

ただ、ほとんどの安いレッスンはレッスン時間が30分程度と短く、毎回当たり障りない話をしてから本題に入ると、単純にレッスンの時間が短くなります。元々ある程度話すことはできていたので、さらにレベルアップできるよう、留学でお世話になった先生に個人レッスンをお願いすることにしました。

先生は私のレベルも知っているので、カリキュラムも全てお任せ!正直私にはこれが一番合っていました。ほぼ毎日オンラインレッスンを二年間は続けたと思います。



④参考書を使った独学

IMG_6423

オンラインレッスンと同時進行で、文法を復習したり、単語を覚えたりもしました。終わった参考書を床に積んで、「こんなに頑張ったんだ!」とモチベーションを上げていました(笑)この頃から、英語を使って海外で働きたいと思うようになりました。

参考書を使った学習は、オーストラリアでも続けましたし、今でも続けています。お気に入りの参考書は何度も読みますが、基本的には使ったら捨てていくスタイルです。



⑤インターナショナルイベント

IMG_6424

やっぱり使う機会がなくっちゃ!ということで、イベントにも参加するようになりました。初めは参加者としてでしたが、運営側やスタッフとして参加することも多くなりました。ただ、イベントは本当に「出会い目的」の参加が多く、めんどくさくなったので徐々に疎遠になりました。

でももし今フリーで、外国人の恋人が欲しい!という方はぜひ参加してみてくださいね。



私は飽きやすいので、英会話教室もオンラインレッスンも参考書も、イベントも本当にたくさん試しました。(無駄も多かったはず

でもその努力が実り、思わぬ形で海外で働けることになりました。(自分でもびっくりのラッキーチャンスでした!)今やっていることが未来のチャンスをつかみます。「いつかは始めたい」と思っている方は、ぜひ今日から英語の勉強をスタートしてはいかがですか??参考になれば嬉しいです!

よく渡航前の英語力や勉強方法について尋ねられるので、今回、改めてまとめていきたいと思います。

私自身、過去に一度だけ短期留学経験があったものの、オーストラリアに渡航するのは2016年が初めてでした。当時の私のレベルは「全く話せない」ほどではないけれど、海外の大学を出ている兄弟たちと比べると、英語力は雲泥の差でした。

そこで海外研修が決まる前に、英語のブラッシュアップを行いました。いろいろな方法を試したので、紹介します。


まとめると、以下の5つです。

①英会話教室

②通信教育

③オンラインレッスン

④参考書を使った独学

⑤インターナショナルイベント



順に紹介していきたいと思います。

①英会話教室

IMG_6421

英会話教室に通ったのは、本格的に英語の勉強を始めた初期です。「とりあえず始めよう!」という気持ちでした。色々な教室の体験レッスンを受けましたが、私は当時家から近かったAEON(イーオン)にしました。

コースは色々あり、私はグループレッスンを選んだのですが、正直レベル分けはざっくりとした印象。色んなレベルの人が混じっていました。レッスンはテキストに添って進め、宿題もあります。(最近ではアプリを使って学習できるようです。)全体で発音記号の練習をしたり、グループの中でペアを作って会話の練習したりします。

レッスンの流れが決められているので、先生によって教え方のムラは少ないのかなと思いました。コースも色々あって、自分にあったものを選べます。私は1年くらい通いましたが、レッスンが物足りなくなりグループレッスンは辞めました。



②通信教育

ただ、これまで通っていたものを急に辞めてはもったいないと思い、「通信教育」のような形でAEONを続けることに。

「通信」と言っても、課題を毎週教室に提出しに行くアナログスタイルです。課題は先生が毎回チェックしてくれます。忙しい方にはおすすめのやり方ですが、私には合わず…AEONは退会しました。

この時点で、「単なる気分転換」で始めた英語が「ちょっとした趣味」にはなっていました。その後、マレーシアに短期留学をすることに



▶︎マレーシア短期留学

IMG_6425

英語をブラッシュアップする為の短期留学でしたが、自分のレベルの低さを実感しました。これまで英会話教室では優等生だったはずなのに(笑)やっぱり上には上がいるんです!(当たり前ですね

特に韓国からの留学生のレベルの高さに驚かされ、「もっと頑張らなきゃ!」とやる気スイッチが入りました。


後編へ続く

前回に引き継ぎ、オーストラリア留学や長期滞在であると便利なものを紹介します。


▶︎生理用ナプキン

スーツケースに余裕がある人は、ぜひ1年分持って行ってほしいアイテム。もちろん、オーストラリアにも生理用品はたくさん有るのですが、テープがたくさんあったり、サイズが合わなかったりとにかく使いづらい。以前日本に住んでいたことのあるオーストラリアの友人が日本の生理用品を大絶賛した理由がよく分かりました。

軽くて消耗品なので、「このスペースは帰りはお土産!」と決めて持っていくのもいいかもしれないですね。


▶︎体温計&市販薬

IMG_6344

体温計や薬はオーストラリアにもありますが、周りのオーストラリア人と自分の体格を比べると、「本当に同じ分量の薬でいいの?!」と不安になることもありました。それに飲みなれた薬の方が効きやすい。

私は風邪薬の他に、整腸剤や酔い止め、ロキソニン、目薬なども持って行きました。頭痛持ちなのでロキソニンは重宝しました!


▶︎防寒着

メルボルンの冬は寒いので防寒着は必ず必要ですが、ケアンズやシドニーなどは防寒着を持って行くか迷いますよね。そんな時は、UNIQLOのウルトラライトダウンがおすすめ。コンパクトなので旅行にも便利ですよ。

ちなみに、メルボルンにもUNIQLOはありますが、お値段はちょっとお高め。種類も少ないのでこだわりのある人はやっぱり日本から持っていくといいですね。


▶︎

IMG_6345

これは人によるかもしれないですが、女性で足の小さい人はとにかく靴のサイズがない。現地でキッズサイズを買うこともできますが、キッズサイズはデザインもキッズ用なんです。無駄にラメが入っていたり、ストラップがマジックテープになっていたり。

オーストラリアでもおしゃれを楽しみたい!という方は、日本からサイズの合ったものを持っていくのがおすすめ。靴は消耗品なので、帰りは荷物が減りますよ。


▶︎旅行ガイドブック

IMG_6350

オーストラリア滞在中、国内旅行に行くこともあるかもしれません。そんな時便利なのが日本のガイドブック。海外のものと比べると分かるのですが、写真付きでとっても分かりやすい!「絶対持って行くべき!」とまでは言いませんが、1冊あると旅行のアイデアに繋がって便利かも。



いかがでしたか?意外なものも多かったのではないでしょうか。これから留学や短期滞在を考えている方の参考になれば嬉しいです。

↑このページのトップヘ