カテゴリ: 観光

メルボルンでは、少しcityから離れると野生の動物に出会えるチャンスがたくさん!ドライブ中にカンガルーに遭遇したり、野うさぎの大群に出会うなど、普段の生活でも動物たたちが身近に感じられます。


動物だけでなく、鳥の種類も豊富です。今回は、日本でいうカラスや雀、鳩(あんまりいいイメージはないかもしれませんね。)などのように、身近にいる鳥を紹介します。

実は日本にいる時、鳥が苦手でした。鳩が近づくと逃げ出すレベルに。(今でも鳩や鶏、大きい鳥は苦手です。)でもオーストラリアの鳥はカラフルで可愛い!!もしかしたら鳥嫌いの人も克服できるかもしれません。



▶︎ budgie(セキセイインコ)

IMG_6553

セキセイインコは英語でBudgerigarですが、オージーは略してbudgie(バジー)と呼びます。日本でもペットとして人気のこの鳥、実はオーストラリア原産の鳥なんです。


他にもparrot(オウム)やRainbow Lorikeet(レインボーロリキート)などカラフルな野生の鳥の種類が豊富で、動物園に行かなくてもちょっとした森の中や、田舎にはたくさんいます。

ハイキングなどに出かける時は、ちょっとした餌を持っていきます。しばらく手の上に乗せていると餌を食べてくれます!人懐っこくて可愛い!!

FullSizeRender

FullSizeRender


▶︎ magpie(マグパイ)

IMG_6548

カラスのような見た目のmagpie(マグパイ)も街中でよく見かけます。くりくりの大きな目が可愛いです。(でもこの大きさだと私には近づくのは少し怖い


▶︎Seagull(かもめ)

IMG_6546

日本でもお馴染み、海にいる鳥です。セントキルダビーチなどでよく見ますが、日本のかもめよりアグレッシブな気が。フィッシュ&チップスなどを持っているとたちまち群がってきて、食べ物を奪われるので注意です。



メルボルンはcityとcountry sideのバランスがちょうどいい街だと思います。車で少しcityから離れると、こんなにも自然がたくさんです。日本ではなかなか体験できない、自然との触れあいもぜひ楽しんでくださいね。

オーストラリア人の中には、いわゆる「セカンドハウス」を持つ人がいて、週末やホリデーをセカンドハウスで過ごす人も多いです。(使うとき以外は貸し出すことも。)

私の最初のホストファミリーはBeechworth(ビーチワース)というビクトリア州の北東にある町にホリデーハウスを2軒所有していて、そのうちの1つに遊びに行くことになりました。


ゴールドラッシュの街Beechworth

1850年代半ばのゴールドラッシュ時代の大きな成長で有名な歴史を感じさせる街。以前の記事で紹介した、バララットのテーマパークをそのまま本物の街にしたような雰囲気です。

FullSizeRender

オーストラリアでは、元々、「家は住みながら直していくもの」という考えがあります。私のホストファミリーも、古い家を買い取り、少しずつ修復してこんなに素敵なお家にしたそうです。

FullSizeRender

内装も、当時の面影を残しながらこんなに素敵に!天蓋付きベッドは私の憧れだったのですが、一人で寝るのはやっぱり少し怖かったです(笑)

FullSizeRender

FullSizeRender

少し街を離れると、こんな自然も楽しめます。オーストラリアに来て初めて、ピクニックや日光浴、ハイキングなど自然を楽しむことを知りました。(東京ではなかなか難しいですね。)

FullSizeRender



今回はメルボルンから車で3時間の街、Beechworthを紹介しました。ゴールドラッシュ時代の街並みをゆっくり楽しみたいならおススメです。時間がある方はぜひ足を運んでみてはいかがですか?

メルボルンから北東へ100kmほどの郊外にあるBallarat(バララット)1850年代にゴールドラッシュが起きた街です。当時の面影を残しながらそのままテーマパークになっているのがSovereign Hill(ソブリンヒル)。実際に「金」採掘体験もできるテーマパークです。

IMG_6278

▶︎Sovereign Hill(ソブリンヒル)

address: Bradshaw Street, Ballarat, Victoria 3350

http://www.sovereignhill.com.au/



ちなみに電車で行く場合は、Southern Cross Station (サザンクロス駅)から、最寄りのBallarat Station(バララット駅)まで行くと、そこから往復のシャトルがでています。(「The Goldrush Special」という電車+シャトル)。


私が行ったのは7月ですが、メルボルンの7月は真冬。バララットは冷え込むので、6・7月に行く予定の人はダウン必須です!

Sovereign Hillは街並みも当時のまま残されていてまるで西部劇のよう。なんとスタッフの中にはボランティアの方もいて、当時の服装に身を包み街を歩いています。(オーストラリア版日光江戸村のようなイメージ?)

IMG_6276

IMG_6279
gingerbread man(ジンジャーブレッドマン)を作ったり、当時の教室で授業を受けたり、たくさんの体験コーナーもあるので、お子様連れでも一日中楽しめますね。

IMG_6277

Christmas in Julyのイベントで、雪に見立てた泡を降らせたり、夜はプロジェクションマッピングで街をライトアップしたりと、クリスマスムードも楽しめました。

IMG_6280

IMG_6275
メルボルンからの日帰り旅行にもおすすめです!オーストラリアのゴールドラッシュ時代の文化に触れてみてはいかがですか?


↑このページのトップヘ