カテゴリ: 英語

今回はコロナウイルスについての記事です。オーストラリアではかなり落ち着いている地区も多い中、メルボルンでは感染者が増えているようで、規制がまた厳しくなったそうです。(ビーチなどは使えないのだとか

そんな中、オーストラリアにいる友人が面白い動画を教えてくれたのでシェアしたいと思います。


オージースラング〜コロナ編〜

https://m.youtube.com/watch?v=jFbcAu1IGd4&feature=youtu.be


動画に出てきたオージースラングを確認してみましょう。

▶︎ISO【発:アイソ】

self isolation(自宅待機)の略。日本ではステイホームや家にいよう!のようなフレーズで呼びかけられていますね。


▶︎Sanny【発:サニー】

hand sanitizer (手指消毒剤)の略。日本ではアルコール消毒や消毒と言いますね。ちなみに似ている響きで、サングラスの事をオーストラリアではSunnies【発:サニーズ】と言います。


▶︎RONA【発:ロナ】

Corona Virusの略。短くしすぎてコロナウイルスの「ロナ」だけになってしまったようです(笑)


▶︎Bog roll【発:ボグロール】

IMG_6659

bogは辞書で調べると沼のような意味ですが、トイレという意味もあります。これはイギリスでもよく使われているスラングだそうですが、ちょっと下品な言い方かもしれません。(日本語で言うと「便所」のような感じ?)丁寧に言いたい場合はtoilet rollの方が◯です。


▶︎Nigeling【発:ナイジェリング】

social distancingの意味です。日本ではsosial distanceと言われますが、これは英語圏ではほとんど使われません(笑)微妙に意味が異なってくるのだとか。でもNigelingって一体どこから来たのでしょう??


▶︎bloody pagpies【ブラッディマグパイ】

people who take too much from the shop(お店で買いすぎちゃう人たち)のことです。マグパイは以前も紹介した、オーストラリアによくいるカラスのような黒い鳥です。

IMG_6548

(それにしても血塗れのマグパイって…)

オーストラリアでは3月頃日本と同じようにトイレットペーパーを買い占める人が増えて、大変だったようです。ちなみに、ケーキを作る人が増えたのでケーキの材料も品薄だとか。


▶︎chucking a national sickie

Lock downの意味。Chuck a sickieだと、直訳では「病気を投げる」のような意味ですが、オーストラリアでは「仮病を使う」という意味もあります。これはめずらしく元の言葉より長くなってますね!



何でも短くしてしまうオージースラング。意味を知ると笑っちゃうものもたくさんあります。面白いオージースラングを今後も紹介していきますね!

日本には5ヶ月で安定期に入ったことをお祝いする「戌の日」がありますよね。生まれた後も行事は盛りだくさんで、生まれてからは「命名式」や「お宮参り」、「お食い初め」など様々な行事があります。


海外では赤ちゃんが産まれる前にやる一大イベントとして「ベビーシャワー」があります。友人を集めて細やかにお祝いする人もいますが、人によっては、結婚式並みのビッグイベントにする人も!もちろんお家や職場でアットホームにお祝いすることもあります。

IMG_6607

私も何度かベビーシャワーに招かれたことがありますが、赤ちゃんに関する英語ってなかなか使う機会がなかったので、とても新鮮だったのを覚えています。そこで今回は、出産や赤ちゃんに関する英語を紹介したいと思います。


▶︎赤ちゃんグッズ

スタイ bib

おむつ nappy / diaper(アメリカ)

* nappyはアメリカでも通じるそうです。

哺乳瓶 bottle 

だっこ紐 carrier

ベビーカー stroller

*ベビーカーは和製英語

チャイルドシート car seat


▶︎出産報告

まずは友人や親戚に報告する時に使える簡単なフレーズです。

I'm currently months pregnant now, My expected due date is 日付け.

(今妊娠◯ヶ月で、予定日は◯◯なの!)


という表現です。

ちなみに性別が分かっている場合は、

It's a girl!!などと伝えてもいいかもしれませんね。予定日を聞くときは、

When's the baby due?

(予定日はいつなの?)

When do you expect to give birth?

(いつ生まれる予定なの?)


他にもいろんな言い方があるので、関係性に合わせて使ってみてくださいね。


▶︎おめでとうを伝える

妊娠報告をされた際は、心を込めた言葉を贈りたいもの。これもたくさん例があるのでいくつか紹介します。


Congratulations to you and 【パートナーの名前】! You will both make grate parents!

(二人ともおめでとう!あなた達なら素敵な親になるよ。)


Congratulations for your pregnancy. I'm so happy for you.

(妊娠おめでとう!私もとっても嬉しい!)


 Congratulations! Have fun with your pregnancy.

(おめでとう!妊娠生活も楽しんでねー!)


Oh!相手の名前! That’s such a beautiful news! So happy to hear the good news !

(素敵なニュースね名前!私もとっても幸せな気分!)



メッセージに決まりはありません!

簡単な表現でも、相手の名前を入れたりして気持ちを伝えるのもいいかもしれませんね。


ベビーシャワーは妊婦さん本人が企画することもあれば、友人にお願いすることもあります。大きなパーティーにしなくても、ドレス コードを決めて、風船などで部屋を可愛くデコレーションしても素敵です。

IMG_6606

IMG_6603
IMG_6604
名前投票や腹囲当てなどのゲームをする場合もあれば、簡単な立食パーティーの時もあります。これをしなけばダメ!というルールはないので、妊婦さんが楽しめるようなベビーシャワーにしてみてくださいね。

以前から不思議だったのですが、旅行などでオーストラリアに行ったことのある日本人に会うと大抵、

「オーストラリア英語って訛ってるよね!」


と言われるんです。

「訛ってて聞き取れない。」

とまで言う人います。


私は内心、(えー!!そんなの日本人であるあなたが言うの?!)とびっくり。だって、大抵の場合は「訛ってるから聞き取れない」のではなく、「英語が聞き取れていない」だけなんです。確かに、中にはすっごく癖のある話し方やAussie slangをたくさん使う人もいます。(確かに単語の意味が分からないこともある!)

でもその前に考えて欲しいのは、そもそも「英語=English」。つまりイギリスの言語なんです。イギリスからの移民の多いオーストラリア人に、「訛ってるよね?!」なんておかしな話です。(少なくとも日本人には言わたくない

IMG_6443

皆さんもご存知の通り、英語はオーストラリアだけでなく、イギリスやアメリカ、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、フィリピンなどなど、英語が公用語になっている国だけで12か国あると言われています。

確かに、それぞれの英語には特徴があるし、聞き取りづらいアクセントもあります。でも第一言語が英語の人であれば、大抵は理解できるんです。(日本語の方言もそうですよね?)

相手を否定する前に、まずは自分のリスニングレベルを上げること。そして、自分の好きな国のアクセントで話せるように練習しましょう。相手の訛りを笑うよりよっぽど素敵ですよね!皆さんの英語の学習の参考になれば嬉しいです。

渡航前の英語力や勉強方法について紹介します。前回は、

①英会話教室

②通信教育

▶︎マレーシア短期留学

について私の経験に沿って紹介しました。今回は、マレーシア短期留学の帰国後の話から紹介します。



③オンラインレッスン

IMG_6422

短期留学から帰ってきて始めたのはオンラインのスカイプレッスンです。これは本当に種類がたくさんあって、無料体験レッスンを全て試すだけでも多分半年は続けられます(笑)

ただ、ほとんどの安いレッスンはレッスン時間が30分程度と短く、毎回当たり障りない話をしてから本題に入ると、単純にレッスンの時間が短くなります。元々ある程度話すことはできていたので、さらにレベルアップできるよう、留学でお世話になった先生に個人レッスンをお願いすることにしました。

先生は私のレベルも知っているので、カリキュラムも全てお任せ!正直私にはこれが一番合っていました。ほぼ毎日オンラインレッスンを二年間は続けたと思います。



④参考書を使った独学

IMG_6423

オンラインレッスンと同時進行で、文法を復習したり、単語を覚えたりもしました。終わった参考書を床に積んで、「こんなに頑張ったんだ!」とモチベーションを上げていました(笑)この頃から、英語を使って海外で働きたいと思うようになりました。

参考書を使った学習は、オーストラリアでも続けましたし、今でも続けています。お気に入りの参考書は何度も読みますが、基本的には使ったら捨てていくスタイルです。



⑤インターナショナルイベント

IMG_6424

やっぱり使う機会がなくっちゃ!ということで、イベントにも参加するようになりました。初めは参加者としてでしたが、運営側やスタッフとして参加することも多くなりました。ただ、イベントは本当に「出会い目的」の参加が多く、めんどくさくなったので徐々に疎遠になりました。

でももし今フリーで、外国人の恋人が欲しい!という方はぜひ参加してみてくださいね。



私は飽きやすいので、英会話教室もオンラインレッスンも参考書も、イベントも本当にたくさん試しました。(無駄も多かったはず

でもその努力が実り、思わぬ形で海外で働けることになりました。(自分でもびっくりのラッキーチャンスでした!)今やっていることが未来のチャンスをつかみます。「いつかは始めたい」と思っている方は、ぜひ今日から英語の勉強をスタートしてはいかがですか??参考になれば嬉しいです!

よく渡航前の英語力や勉強方法について尋ねられるので、今回、改めてまとめていきたいと思います。

私自身、過去に一度だけ短期留学経験があったものの、オーストラリアに渡航するのは2016年が初めてでした。当時の私のレベルは「全く話せない」ほどではないけれど、海外の大学を出ている兄弟たちと比べると、英語力は雲泥の差でした。

そこで海外研修が決まる前に、英語のブラッシュアップを行いました。いろいろな方法を試したので、紹介します。


まとめると、以下の5つです。

①英会話教室

②通信教育

③オンラインレッスン

④参考書を使った独学

⑤インターナショナルイベント



順に紹介していきたいと思います。

①英会話教室

IMG_6421

英会話教室に通ったのは、本格的に英語の勉強を始めた初期です。「とりあえず始めよう!」という気持ちでした。色々な教室の体験レッスンを受けましたが、私は当時家から近かったAEON(イーオン)にしました。

コースは色々あり、私はグループレッスンを選んだのですが、正直レベル分けはざっくりとした印象。色んなレベルの人が混じっていました。レッスンはテキストに添って進め、宿題もあります。(最近ではアプリを使って学習できるようです。)全体で発音記号の練習をしたり、グループの中でペアを作って会話の練習したりします。

レッスンの流れが決められているので、先生によって教え方のムラは少ないのかなと思いました。コースも色々あって、自分にあったものを選べます。私は1年くらい通いましたが、レッスンが物足りなくなりグループレッスンは辞めました。



②通信教育

ただ、これまで通っていたものを急に辞めてはもったいないと思い、「通信教育」のような形でAEONを続けることに。

「通信」と言っても、課題を毎週教室に提出しに行くアナログスタイルです。課題は先生が毎回チェックしてくれます。忙しい方にはおすすめのやり方ですが、私には合わず…AEONは退会しました。

この時点で、「単なる気分転換」で始めた英語が「ちょっとした趣味」にはなっていました。その後、マレーシアに短期留学をすることに



▶︎マレーシア短期留学

IMG_6425

英語をブラッシュアップする為の短期留学でしたが、自分のレベルの低さを実感しました。これまで英会話教室では優等生だったはずなのに(笑)やっぱり上には上がいるんです!(当たり前ですね

特に韓国からの留学生のレベルの高さに驚かされ、「もっと頑張らなきゃ!」とやる気スイッチが入りました。


後編へ続く

↑このページのトップヘ