海外と日本の小学校の大きな違いといえば、「給食がないこと」。これは毎日お弁当を作るママにとっては、大変なイメージがありますよね。

でも同じお弁当でも海外と日本では大きく違うんです。今日はオーストラリアの小学校のランチタイムについて紹介したいと思います。


ランチタイムになると、子どもたちはまず教室でお弁当を食べます。担任の先生が教室にいることもありますが、ランチタイムになると担当の先生が教室に来ることが多いです。

IMG_6587

昼休みの半分は教室で食べ、時間になると全員外に出されます。(教室もしっかり施錠)

もちろん、食べ終わってない子もいますが、残しても、そのまま外で食べても自由。ピクニック気分です。

IMG_6586

外で食べられるようにスナックを持ってきている子もいます。屋外のスペースはこんな感じです。

0AF5E2BA-0A9A-4630-84B9-96C91D9B587D

FullSizeRender

お弁当の中身は基本的には自由ですが、サンドイッチやフルーツなどカジュアルです。りんごなどは、切らずにそのまま食べています。(ナッツなどアレルゲンになるものは持ち込み禁止!)

IMG_6593
IMG_6594
IMG_6591
日本のキャラ弁を見せると、みんなきっとびっくりすると思います!ちなみに私が一番びっくりしたのは、お弁当にマクドナルドのキッズセットを持って来ていたこと!ママが寝坊しちゃったそうですが、これには周りの子どもたちもびっくりしていました。

IMG_6592

そう考えると、日本の給食は栄養のバランスも考えられていて値段も300円程度り本当にありがたいですよね!

FullSizeRender


お弁当の他にも、canteenでランチオーダーすることも可能です。ハンバーガーや、ナチョスなど、種類も豊富で子どもたちにも大人気です。保護者のボランティアの人が販売を行っていて、誰でも注文することができます。canteenで注文する場合は、朝封筒にお金を入れて、注文を書いて担任の先生に渡すだけ。とっても簡単で、ランチの時間になれば教室に届きます。それ以外でもスナックなどは、直接canteenで買うこともできます。

外でランチを食べたり、自由に買ったりできるなんて、日本の子どもたちが聞いたら羨ましがりそうですね!



いかがでしたか?

たまには凝ったキャラ弁じゃなく、手軽なサンドイッチをお子さんと一緒に作ってランチに食べるのもおしゃれで素敵かもしれませんね。